top of page
検索

2023‐07‐14:最長寿げっ歯類ハダカデバネズミでは老化細胞が細胞死を起こすことを発見

本拠点の研究開発課題1「データ駆動型ゲノム育種 (デジタル育種) 技術の開発」に参画している、熊本大学 大学院生命科学研究部 老化・健康長寿学講座の河村 佳見 助教および三浦 恭子 教授らの研究グループは、慶應義塾大学、広島大学、京都大学、星薬科大学、国立感染症研究所、並びに熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)消化器がん生物学研究室、同大学 大学院生命科学研究部 分子生理学講座および形態構築学講座と共同で、老化耐性・がん耐性げっ歯類ハダカデバネズミにおいて、老化細胞がデバ特異的なメカニズムにより細胞死を起こすことを明らかにしました。


本研究成果は、科学雑誌「The EMBO Journal」に掲載されました。


詳細については、以下のURLからご覧ください。


<参考リンク>

Yorumlar


bottom of page